メンタル下がってやる気が起きないとき

ど~~~うしてもやる気が起きない…
そういうこと、ありますよね。

しんどい時でも、やらなきゃいけないことがあるのが大人の辛いところ。

そういう時はまず、「形」から入りましょう。
気持ちではなく、環境を変えてみましょう。

しんどい時とは

  • やる気が出ない
  • 集中出来ない
  • 体が重く感じる
  • やたらと眠い

のに、

  • 勉強
  • 仕事
  • 家事

はやらないといけないですよね。
じゃあ、どうすればいいでしょうか?

「最低限」だけに絞ろう

  • 最低限の「これだけはやらなきゃいけない」が何なのか、見極める(出来れば1~2つくらいにとどめておきましょう)
  • <1>をやるために必要な「形」を整える(環境、道具など)
  • 実行する
  • 後は休む or 遊ぶ

で、この日は乗り切りましょう。

「最低限」をこなす「形」とは⇒例えば

  • 「夕食だけは作らなきゃ…」→自分の大好物を1つ入れる(もっと入れてもいいんですよ)
  • 「会社、怠いなぁ…」→ランチを普段より豪華にする or デザートもつける
  • 「仕事に手をつける気がしない」→文房具やPC回りのグッズを可愛いものに変える(女性限定?)
  • 「いつもの場所だと集中出来ない」→カフェで勉強や仕事をしてみる(「社会的促進効果」ではかどるかもしれません)

しんどい時の注意点

  • 理想通り(あれもこれも)出来なかったと、自分を責めない
  • 「明日には」と、未来に過剰な期待をしない(しんどさは数日続くこともあります)
  • 最低限だけでも出来た自分をしっかり褒める

要は、あなたの「テンション」が上がれば何でもいいのです。
「やらなくては」という責任感だけで動けるほど、人間は単純ではありません。
そう言う時こそ、「形」から入りましょう。

メンタルは波があるのが当たり前
低調な時は「そういう時期なんだ」と思って受け止めて、
その状態で出来ること以上のことは手をつけず、エネルギーを温存しましょう。

>>大人のメンタルカウンセリング|オンライン|惠然庵TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。