自己受容:自分のこと、好きですか?

自己受容:自分のこと好きですか?

 自己紹介や履歴書を作成するとき、誰もが手を止めてしまうのが
「特技」
「長所」
 の項目です。
 改めて聞かれると、気恥ずかしさとつつましさから言葉や文章にするのは難しいですよね。
 「自分が好き!」と言うのは難しいけれど、「自分が嫌い」と思ってしまうのは辛い。
 では、「今の自分もダメじゃない」と、自己受容する、というのはどうでしょうか。

自己受容① 無条件で今の自分を受け入れる

  • 〇〇になったら
  • 〇〇を手に入れたら
  • 〇〇さんのようになれたら、〇〇さんに認めてもらえたら

 のような「条件」は一切不要です。
 今のままのあなたを「OK」と考えましょう。

自己受容② 変わりたい部分はあっていい

でもその為に自分全体を否定しない

目標を持ち、そのために努力して「変わろう」とする行動と思想は素晴らしいです。

ただ、それとは別に考えましょう。
「目標の姿」ではない部分のために、自分全体を「ダメなんだ」と思う必要はありません。

自己受容③ 他者受容

他人のことも「そのままでOK」として受容する

自分に対してだけでなく、周囲の人や親しい人・大事な人への「ダメ出し」もやめましょう。
その人も「今のままでOK」なのです。

そう考えられるようになると、同じことを自分に対しても自然にできるようになっていきます。


自己受容:今のままの自分をOKと考える

 人間関係の問題も、
 将来への不安も、
 過去へこだわりも、
 元をたどれば「自分で自分のことが好きじゃない=自己受容していない」ことへつながります。

 頑張っている自分を褒めてあげましょう。
 まずは自分を「受け入れる」ことを試してみるのは如何でしょうか。

大人のメンタルカウンセリング|オンライン|惠然庵TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。