心の悩みを相談された時

心の悩みを相談された時:画像1

周囲の人から心の悩みなどを相談されることは多いと思います。
すぐに回答出来るタイプのものなら問題ないと思いますが、

「とにかく(相談を)聞いて欲しい」

のような、答えのない相談(愚痴?)を持ち込まれると、
相手のことを大事にしたいと思っていても
中々対応に苦慮すると思います。

そこで、カウンセラーより

  • 相談を聞くときの「3つのポイント
  • 聞く側の注意点

をご紹介します。

とにかく「聞く」ことに徹する

心の悩みは他人が解決するのは難しい

相談を持ち掛けてきた相手が

  • 家族
  • 友人、知人
  • 同僚

なら、とにかく聞く役に徹しましょう

「力になってあげたい」という気持ちは大切ですが、
「解決してあげなきゃ」と思う必要はありません。

相談の話が終わるまで待つ

相談を聞いている側も人間です。
相談内容に心が反応して

  • 話を遮る
  • 意見をする
  • 結論(結局どうしたいと思っているのか、など)を聞きたくなる

かもしれません。
しかしまずは、相手が話し終わるまで待ちましょう。

相談してきた相手に同調しなくていい

身近な人の悩み相談には、つい同情・同調・同意したくなります。

それが聞き役の本心であれば問題ありませんが、
「理解してあげなきゃ」と無理に思う必要はありません。

無理やり、同情・同調・同意しようと自分に強制すると、
聞き役側の心が疲れてしまい、
結局話を聞いてあげることが出来なくなります。

相手は「相談を聞いて欲しい」

相談者(話し手)の願望は
「私の悩み、話を聞いて欲しい」です。

思っていることを口から言葉として出すことで、
気持ちがクールダウンし、
最初はヒートアップしていた感情が
徐々に冷静になり、気持ちに余裕が出てきます。

それこそが「話を聞く」ことの効能です。

話し尽くせば心が整理され、スッキリします。
聞き役は「聞くこと」が一番の手助けになります。

聞き手側への注意点:巻き込まれない

聞き手の注意点は、
自分まで相手のマイナスオーラに巻き込まれないこと、です。

「自分にはこの相談を受けることは難しい」と思う相手・相談内容であれば、
専門家(医師、法律家、役所、カウンセラー等)への相談を勧めましょう。


心の悩みを相談された時:画像2

そして、あなたの悩みを心ゆくまで話せる相手もいるといいですね。
お互いに「聞き合う」という関係も素敵です。

ただし、一番大事なのはあなた自身です。
あなたを犠牲にしてはいけません。

それだけは忘れないでください。

>>大人のメンタルカウンセリング|オンライン|惠然庵TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。