「仕事が遅い」と言われた…

 と、言われても……。
 と思いますよね。

 仕事の進め方や業務量は人それぞれ。
 早く進めたいのはやまやまだけど、でもどうすれば…、と悩むこともあるかと思います。

 そこで。
 明日から実行できる方法を3つご提案いたします!


その①1日8時間の「時間の使い方」を調べる

 始業~終業まで、どのように過ごしていますか?
 業務量が増えていっても就業時間は増えません。そのままにしておくと残業ばかりが増え、場合によっては休日出勤なども出てきます。

 まずは今の1日の過ごし方の棚卸をするため、MY日報をつけてみましょう。

  • 9:00~9:20 メールチェック
  • 9:20~9:45 マネージャーと打ち合わせ

 など。
 どの業務にどれくらいの時間を割いているのかを、可視化してみましょう。

その②「やらなくてもいい業務」の圧縮

 会社ごとに様々なルールや習慣がありますが、それも時と共に変わっていくもの。
 しかし一度任されてしまった業務を、そのまま意味も無く続けていたりしていませんか?

 ①の棚卸をする中で、「本当に”今”必要だろうか?」を再検討してみましょう。

 不要だと思う業務があれば、可能であれば止める、または頻度を下げるなどして、時間の効率化を図りましょう。

その③「残業」より「早出」して業務時間を増やす

 これは「印象」の違いのためです。
「仕事が遅いよ」と指摘してきた人よりも早く会社へ行って、仕事を開始しましょう。

 大抵朝一は本業務ではない連絡業務やメールチェックに追われる時間です。
 それを人より先に終わらせておいて、他の人が業務開始する時間に、あなたはメイン業務に手をつけられるようにして見ましょう。

「早くなったな」という印象を持ってもらうことが出来ます。


 一生懸命眼ばっている人は、他の人より仕事を多く抱えてしまい、挙句に「もっと早く出来ないの?」などと理不尽な指摘を受けてしまうことがあります。

 あなたは誰より頑張っています!
 仕事は要領です。
 コツを掴んでいきましょう。

>>大人のメンタルカウンセリング|オンライン|惠然庵TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。