心のエイジングケア

心のエイジングケアとは?
心のエイジングケア

体は時間と共に変化していきます。皆ほぼ同じような方向に。
しかし心の変化は、皆同じではありません。

変化していく心と精神のケア=「心のエイジングケア」を、日常に取り入れてみませんか?

その①:たまには違うことをしてみる

  • 行ったことが無い店でランチ
  • 作ったことがない料理を作る
  • 持っていない色の服を着る

など、少しだけチャレンジをしてみましょう。
新しい刺激は良いストレス=ユーストレスをもたらしてくれます。

その②:感情を揺り動かす

  • ドラマ、小説、映画などで泣いたり笑ったりする
  • 昔のアルバムを開いて、当時の記憶を呼び起こす


感情を動かすことで、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌が促されます。

その③:「今」の時代を見る

  • 過去、未来ばかりを見ない
  • 自分が今生きているこの瞬間、時代、場所を感じる

人は想像力の生き物です。無意識に過去や未来のことばかり考えています。
意識して「今」を感じましょう。
見ているようで見ていなかったモノが目に入ってくるかもしれません。

その④:誕生日は祝っても、年齢は数えない

  • 年齢が増える=衰え、という、根拠のない思い込みは活力を奪うだけ
  • 自分の誕生日は自分で盛大に祝う


また一年頑張るエネルギーが沸いてきます


「健康年齢」と同じく、心も生き生きとしてこそ毎日は楽しくなります。

30年、40年、50年、60年…
これまで生きてきた時間は、「終わった季節」ではなく、
「積み重ねてきた財産」です。

その他のコラム

>>うつと家族を支えるライフカウンセラー|オンライン|惠然庵TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。