お節介?親切なアドバイス?

お節介?アドバイス?耳を塞ぐ男性の画像

人と交流をしている中には、色んな意見をしてくる人もいますよね。

もしかしたらこちらのことを思って言ってくれている(かもしれない)けれど、
「余計なお世話」な「雑音」も少なくありません。

例えば、こんなこと言われたりしませんか?

  • もっと痩せたら?
  • まだ結婚しないの?
  • 子どもは作らないの?
  • 〇〇、知らないの?
  • △△やったほうがいいわよ、絶対
  • □□なんて、ヤバいよ
  • ××のほうがいいって、みんな言ってるよ

こんなこと言われても… 困りますよね。

参考にするか、スルーするか

周囲からの「意見」に対してどう対処するか。

【1】自分が抵抗なく受け入れられるもの=アドバイス→参考にする
【2】何か違和感・反発を感じる=お節介→スルーする

というのは如何でしょうか。

自分の価値観・感性を大事にしよう

「何」が自分にとって大切か、役に立つか、価値があるのか。
は、自分の心だけが知っています。

「お節介」はあなたの心を煩わせる「雑音」です。
振り回される必要はありません。

相手がどんな気持ちから言ってくれたとしても、
それを受け入れるかスルーするかは、あなた自身が決めてよいのです。

その為の基準となる
「価値観」
「好き嫌い」
「方向性」

をしっかり持っておきたいですね。


人の意見を拒絶するのではなく、一旦受け入れて取捨選択する。
そしてどうするかの最終決断は自分で。
その結果への責任も取る

そんな「しなやかな強さ」を身に着けた大人でありたいですね。

>>大人のメンタルカウンセリング|オンライン|惠然庵TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。