自分の心を理解する

自分の心を理解する
自分の心を理解する

「自分の感情が分からない」ことって、ないですか?

自分が望むこと

  • 自分が楽しいと思うこと
  • 自分が好きなもの
  • 自分が欲しいと思う者
  • 自分が(他人から)してもらいたいこと
  • 自分がやりたいこと

を聞かれると、「……」となって、即答出来ない。でも。

社会的に望まれること

  • やるべきこと
  • 守らなくてはいけないルール
  • ノルマ
  • 社会的に「良い」と言われること

なら分かる。
更に、場合によってはこの二つの区別がつかなくなってしまっている。

二つは違うものであると認識する

「自分が望むこと」と「社会的に望まれること」が合致していれば、OKですよね。
「自分が望むこと」だけでもOKだと思います。
ただし、「社会的に望まれている」しか該当しないことばかりやっていると、どうなるでしょう。

あなたの心はどこにある?

そこには、自分の「心」がありません。
頑張って続けていても、いずれ苦しくなります。
時として「こんなに頑張っているのに誰も認めてくれない」と、周囲への怒りに繋がることも。

「自分が望むこと」を理解し実行することこそが、「自分を大事にすること」と呼べるのではないでしょうか。


自分が何を望んでいるのかよく分からない場合は、
まずは一瞬一瞬の自分の感情を、ゆっくり慌てず味わい、言葉にしてみましょう。
それがひいては、「自分の心を理解する」ことへつながります。

>>大人のメンタルカウンセリング|オンライン|惠然庵TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。